流れ菊水高鴨神社流れ菊水
葛城の古社 高鴨神社





 

 

 

 

 

 

 

 

 


高鴨神社 御祭神


本 殿 (国指定重要文化財) 天文十二年(室町時代一五四三年)再建
主祭神 阿治須岐高日子根命(あじすきたかひこねのみこと)(迦毛之(かもの)大御神(おおみかみ))
     事代主命(ことしろぬしのみこと)
     阿治須岐速雄命(あじすきはやおのみこと)
     下照姫命(したてるひめのみこと)・天稚彦命(あめわかひこのみこと)

 当神社は全国鴨(加茂)社の総本宮で 弥生中期前より祭祀を行う日本最古の神社の一つです。
 主祭神の阿治須岐高日子根命は亦の御名を迦毛之大御神と申され この大御神と名のつく神様は天照大御神・伊邪那岐大御神と三神しかおられず 死した神々をも甦えらせる事ができる御神力の強き神様であります。
 それゆえ病気平癒、初宮、大祓い等 甦りに関する信仰が深く また人の歩む道を目覚めさせて下さる神様として全国より篤く御崇敬を受けております。

 「カモ」は「カミ」と同源であり「カモす」という言葉から派生し 「気」が放出しているさまを表しております。

 当神社の神域は鉱脈の上にあることも重なり 多くの「神気」が出ていることでも有名です 夏場に参拝されますと涼しく感じられるのもその為です。
 「気」は身体に大変よく 当地は長寿の方が多く 神域を巡られ神様の気をお受けになられ 心身ともに甦られることをお祈り申し上げます。


東 宮(県指定重要文化財) 寛文十二年(江戸時代一六七二年) 
祭 神 天照大御神(あまてらすおおみかみ) 
     天兒屋根命(あめのこやねのみこと) 
     住吉大神(すみよしのおおかみ)


西 宮 貞享二年(江戸時代 一六八五年) 
祭 神 多紀理毘売命(たぎりひめのみこと)(母神)
     塩冶彦命(えんやひこのみこと)
     瀧津彦命(たきつひこのみこと)



Copyright ©高鴨神社
html by 大阪のフリーライター 醸工房