センター長よりご挨拶

 「鏡は先に笑わない。」私の好きな言葉です。こども達の明るく元気な笑顔を引き出すのは、まず、私たちが笑顔で、こども達を愛し、心の底から接していく気持ちが大切だと思っています。
 こども達は、心身に障がいを持っている子、自分自身の意思をうまく表現できない子、せっかちな子、のんびり屋さん、活発な子、おとなしい子、発達のペースも個人によって違いがあり、色んな個性があると思います。「みんなちがって みんないい。」と思います。
 当センターは、個々のこども達に寄り添いながら、成長していく個性、能力を最大限に引き出すことを微力ながらできていければと願っています。
 そして、全てのこども達に「生まれてきてくれて ありがとう」といつも感謝していきたいと思っています。 

こども支援センター あすなろ
センター長 西野 敦


西野敦センター長.jpg


沿革

平成16年4月
障害者自立支援法による「児童デイサービスこども支援センターあすなろ(定員1日10名)」「相談支援事業生活支援センターあすなろ」を開設。(愛染寮集会所 あすなろ館にて)
センター長就任:西田修二
平成17年4月
もやい館3Fにて「児童デイサービス(定員1日10名)」と「生活支援センター オープンスペースあすなろ」開始
平成18年4月
メディカルセンター4Fにて児童デイサービス開始(定員1日20名)
こども支援センターあすなろ(アスナロ)
こども支援センターあすなろ(もやい)
こども支援センターあすなろ(メディカル)と3箇所での実施となる
平成21年4月
総合支援センターあずさ1Fに児童デイサービスこども支援センターあすなろ(あずさ)開設(定員1日30名)
あずさ新設のため「もやい」を閉鎖、生活支援センターを移設
センター長 西田修二退職により、大西清司がセンター長に就任。
平成24年4月
法律の改正により、児童福祉法のもとで、児童発達支援センター(あずさ)と、児童発達支援事業(アスナロ・メディカル)に移行。
平成25年4月
児童発達支援事業所「アスナロ」が児童発達支援センター「あすなろ」へ移行。
「生活支援センターあすなろ」にて、指定特定相談、障がい児相談、各支援事業を開始。
平成30年4月
センター長 大西清司退職により、西野敦がセンター長に就任。