当サイトについて

このサイトはBeeの管理する奇術サイトです。

なお、サイト内においては「マジック」「手品」「奇術」といった語が混用されています。
細かくいえば自分なりに使い分けをしているのですが、おおむね同じ意味ととっていただいてかまいません。

わたしは自ら「ギミック厨房」を標榜しています。
「厨房」はキッチンの意ではなく、2chに代表されるネット文化の文脈に拠る語です。
語意についてはこちらを ごらんください。
「ギミック」とは奇術の仕掛けのことで、そういった仕掛けのないもの(レギュラー)の対立概念です。

よって、「ギミック厨房」とは、奇術の仕掛けにこだわる程度の低い人間、の意となります。
そういった人間の運営しているサイトですから、その程度もしれようかというところです。

 

また、当サイトは奇術を趣味とする人(これを「手品人」とわたしは呼んでいます)を主な対象としたサイトで、
非手品人がお読みになっても文意が理解できない部分が多くあります。
ご容赦ください。

奇術の用語については、『クラシックマジック事典』『カードマジック入門事典』『ターベルコース・イン・マジック』等を
ご参照ください。
一部、技法などにおいて隠語にしている部分もあります。
これらについてのご質問にはお答えいたしかねます。

内容としては、メインコンテンツとして奇術道具・書籍・DVD等の感想をまとめた「レビュー」、
日記的な備忘録や折に触れて思ったことなどを書いた「雑感」、
奇術系サイトを主とした他サイトへ移動できる「リンク」、オンラインショップの更新状況を確認できる「ショップアンテナ」、
そして雑談スペースである「掲示板」を備えています。

なお、拙サイトはわたしことBeeの私見に充ち満ちています
それを一般化しようとする意図はまったくありません。
評価や印象についての述懐は、あくまでわたし個人の見方にすぎません。

殊に、レビューに関しては全く客観性を保証しません。
語構成が 「Re-View」なので、わたしの見方を文章化して再現しようとするにすぎないと考えるためです。
また、ギミックとDVD・ビデオとではその視点のことなるところがあります。
ギミックはそれを弄って試すこともできますが、映像の場合だと手順を追うこと自体が難しい場合もあるからです。
そのため、ギミックは使用感について、DVD・ビデオは観て面白いかどうかについて、主として語ることになります。
ただし、それは客観的事実、たとえばあるトリックの成立についての歴史的経緯や考案者等の正確性を保証しないということではありません。

そういったわけですので、あるギミックについての評価が必ずしもお読みになる方のそれと一致しないことがあります。
なので、そういった場合はレビューそのものを反面教師的にお読みいただくのが良いかと思います。
一つの私見としてお読みください。
何度も申し上げますが、このサイトのコンテンツ、特にレビューは根本的に「客観性」からはほど遠いところにあります。

ごく簡単な言い方をするならば「そういう見方感じ方もあるわけね」とお考えいただきたい、ということです。

【掲示板の使用について】

掲示板での書き込みはどなたにおいてもしていただいてかまいません。
奇術に無関係な広告宣伝行為は削除します。ご了解ください。
奇術に関係する広告宣伝行為は、できればひとことメールでお知らせくださると幸いです。
イベント等、 わたし自身が参加する場合などにおいては、サイトで告知をさせていただきます。
(よく見る「迷惑な場合は削除してください」といった但し書きは、慇懃のように見えて無礼だと思います)

なお、明らかなマルチポストの場合、削除することがあります。
内容がどうあれ、掲示板に書き込みをして衆目を集めるのであれば、相応の責任と努力はすべきであろう、
と考えるためです。
また、同一内容を平板的に多産することで、個々の内容の価値は相対的に低下するものとも考えます。

言わずもがなのことではありますが、掲示板では特定不特定を問わず、個人団体に対する無根拠な誹謗中傷はお控えください。
ただし、当サイト管理人に対する(まともな)批判であれば歓迎いたします。
また、当サイト掲示板ですでに使用されたハンドルネームを名乗っての書き込みは混乱を招くことになりかねませんのでご遠慮ください。
その他、公の常識に照らして逸脱していたり、犯罪的であるような書き込みがあった場合、
なんらかの措置をとることもあります。
過去にそういったことに近い事態に発展したこともありました。

また、掲示板での書き込みを、書き込みをした方に無断で転載しないでください。
書き込みの内容は書き込みをしたひと本人に著作権がある(という判決が出ているそうです)ので。
そのような行為が確認された場合、書き込みをした方と連絡を取り、それなりの行動に出るかもしれません。

掲示板は閉鎖しました。
今後も再設置する予定はありません。

と、おおよそこんな感じのサイトです。
ちかごろはYahoo!等で「マジック」と検索してお越しの場合も多く、
あるいは初めてマジックに触れようとなさっている方もあるのかと思い、蛇に足を描いてみました。
竜に目を入れる、といかないのがわたしのわたしたる所以やもしれません。

(2006.2.28追記)