【歴史関連書籍(歴史書・歴史散策資料・歴史資料)】

もともと、若い頃から、歴史が大好きで、とうとう京都に移り住んでしまった私です。 現在は、歴史ある宇治に居住し、私自身歴史の一部になっているようです。 京都・奈良をずいぶんと歩き回りましたが、司馬さんにはとうてい及ばないのは当たり前です。はい!(;^_^A

【歴史関連書籍】

【歴史関連書籍(歴史書・歴史散策資料・歴史資料)】

☆私が既に読んだ作品は、□マークで表示しています。只今、整理中
☆私が読んでいない作品、又は、読み返している作品は、■で表示しています。
☆私が、所蔵している本は○で表示しています。

【歴史散策関連書籍】

【歴史散策関連書籍(京都)】

□京都府の歴史 歴史シリーズ26 赤松俊秀・山本四郎 編著 山川出版社○

□空から見た京都 航空写真地図2(昭和54年10月1日)日本交通公社発行○

□「京都府の歴史散歩(上・中・下)」山川出版社○

□「京都の寺社505を歩く」(上・下)」槇野 修著 PHP新書○

□「物語 京都の歴史」脇田 修・脇田 晴子著 中公新書○

□「京都と京街道(京都・丹波・丹後)」<街道の日本史32>吉川弘文館○

□「伏見 歴史紀行」山本 眞嗣著 水野 克比古撮影 山川出版社○

□「京の道(歴史と民衆)」創元社○

□「京都町名ものがたり」川嶋 将生・鎌田 道隆著 京都新聞社○

□「京の七口」京都新聞社編○

□「御土居堀ものがたり」中村武生著 京都新聞社○

□平安京講話 京都市平安京創生館ガイドブック (財)京都市生涯学習振興財団 発行○

□長岡京市の史跡を訪ねて 長岡京市ふるさとガイドの会 発行○

□幕末・維新 彩色の京都 京都新聞出版センター発行○

宇治の碑−路傍の語り部たち−

□宇治川十帖〜川をめぐる十の物語〜宇治市歴史資料館○

□京のまちかどの西洋館〜建築にみる京都近代化のあゆみ〜発行 財団法人 京都市交通事業振興公社○

○国宝東寺(講堂諸尊修理完成記念)真言宗総本山東寺○

【歴史関連資料書籍(古書)】

■歴史的日本地理 矢津 昌永・横井 春野共著 大正六年六月十七日発行○

■地理的日本歴史 吉田 東伍著 大正七年一月五日発行○

■校正 日本外史 頼 久太郎著 頼氏藏板○

■近代日本外交史 信夫 清三郎著 中央公論社版○

■日本史年表 歴史学研究会編 岩波書店○

歴史図書目録(2002)歴史図書目録刊行会
歴史図書目録(2010)歴史図書目録刊行会

青木書店
明石書店
校倉書房
学生社
柏書房
汲古書院
思文閣出版
新人物往来社→歴史読本
東京大学出版会
東京堂出版
刀水書房
同成社
塙書房
法藏館
ミネルヴァ書房
山川出版社
吉川弘文館


【歴史散策関連書籍(奈良)】

□「奈良県の歴史散歩(上・下)」山川出版社○

■「飛鳥」〜歴史と風土を歩く〜和田 萃著 岩波新書○

■「飛鳥歴史散歩」〜袖吹きかえす古代の風〜寺尾 勇著 創元社○

■「早春の飛鳥・大和路」(昭和53年3月1日発行)旅行ホリデー3月号別冊 学習研究社○

飛鳥資料館案内 奈良国立文化財研究所○

奈良新薬師寺 十二神将 毎日新聞社○

○天平の甍 唐招提寺 発行 唐招提寺○

薬師寺 法相宗大本山 薬師寺 発行○

□正倉院の謎 由水常雄著 中公文庫○


【歴史散策関連書籍】

□「日本古建築細部語集(社寺編)綜芸舎○

□「図説 歴史散歩辞典」山川出版社○

■「大阪府の歴史散歩(上・下)」山川出版社○

■「富山県の歴史散歩」山川出版社○

■「日本の民俗43 熊本」牛島盛光著 第一法規○

□日本の旧街道ウォーキングガイド(西日本編・東日本編2冊)社団法人 日本歩け歩け協会編○

□「西国・新西国札所めぐり」首藤 一著 創元社○

□「はじめての四国お遍路」旅行読売出版社○


■読んで旅する世界の歴史と文化「中国」新潮社○

■読んで旅する世界の歴史と文化「インド」新潮社○




日本文学の歴史 全12巻 ※単行本 角川書店

■1  神と神を祭る者
■2  万葉びとの世界
■3  宮廷サロンと才女
■4  復古と革新
□5  愛と無常の文芸○
□6  文学の下克上○
■7  人間開眼
■8  文化繚乱
■9  近代の目ざめ
■10 和魂洋才
■11 人間賛歌
■12 現代の旗手たち

日本の歴史 全32巻 ※単行本 新潮社○

■1  倭国の誕生○
■2  大王の世紀○
■3  飛鳥の朝廷○
■4  律令国家○
■5  古代豪族○
■6  摂関政治○
■7  院政と平氏○
■8  王朝貴族○
■9  鎌倉幕府○
■10 蒙古襲来○
■11 南北朝内乱○
■12 中世武士団○
■13 室町幕府○
■14 戦国の動乱○
■15 織田・豊臣政権○
■16 江戸幕府○
■17 鎖国○
■18 大名○
■19 元禄時代○
■20 幕藩制の転換○
■21 町人○
■22 天保改革○
■23 開国○
■24 明治維新○
■25 自由民権○
■26 日清・日露○
■27 大正デモクラシー○
■28 ブルジョアジーの群像○
■29 労働者と農民○
■30 十五年戦争○
■31 戦後改革○
■32 現代の日本○

日本の歴史 全26巻 ※文庫本 中公文庫 ※単行本 中央公論社

■1  神話から歴史へ ※文庫本○ ※単行本○
■2  古代国家の成立 ※文庫本○ ※単行本○
■3  奈良の都 ※文庫本○ ※単行本○
■4  平安京 ※文庫本○ ※単行本○
■5  王朝の貴族 ※文庫本○ ※単行本○
■6  武士の登場 ※文庫本○ ※単行本○
■7  鎌倉幕府 ※文庫本○ ※単行本○
■8  蒙古襲来 ※文庫本○ ※単行本○
■9  南北朝の動乱 ※文庫本○ ※単行本○
■10 下克上の時代 ※文庫本○ ※単行本○
■11 戦国大名 ※文庫本○ ※単行本○
■12 天下一統 ※文庫本○ ※単行本○
■13 江戸開府 ※文庫本○ ※単行本○
■14 鎖国 ※文庫本○ ※単行本○
■15 大名と百姓 ※文庫本○ ※単行本○
■16 元禄時代 ※文庫本○ ※単行本○
■17 町人の実力 ※文庫本○ ※単行本○
■18 幕藩制の苦悶 ※文庫本○ ※単行本○
■19 開国と攘夷 ※文庫本○ ※単行本○
■20 明治維新 ※文庫本○ ※単行本○
■21 近代国家の出発 ※文庫本○ ※単行本○
■22 大日本帝国の試煉 ※文庫本○ ※単行本○
■23 大正デモクラシー ※単行本○
■24 ファシズムへの道 ※単行本○
■25 太平洋戦争 ※文庫本○
■26 よみがえる日本 ※文庫本○ ※単行本○
■別巻1 図録 元始から平安 ※単行本○
■別巻2 図録 鎌倉から戦国 ※単行本○
■別巻3 図録 織豊から幕末 ※単行本○
■別巻4 図録 維新から現代 ※単行本○
■別巻5 年表・地図 ※単行本○

大系 日本の歴史 全15巻 ※単行本 小学館版

■1  日本人の誕生
■2  古墳の時代○
■3  古代国家の歩み
■4  王朝の社会○
■5  鎌倉と京
■6  内乱と民衆の世紀
■7  戦国大名
■8  天下統一
■9  士農工商の世
■10 江戸と大坂
■11 近代の予兆
■12 開国と維新○
■13 近代日本の出発
■14 二つの大戦
■15 世界の中の日本

世界の歴史 全16巻 ※文庫本 中公文庫○ ※単行本 中央公論社

■1  古代文明の発見 ※文庫本○
■2  ギリシャとローマ ※文庫本○ ※単行本○
■3  中世ヨーロッパ ※文庫本○
■4  唐とインド ※文庫本○ ※単行本○
■5  西域とイスラム ※文庫本○
■6  宗と元 ※文庫本○
■7  近代への序曲 ※文庫本○
■8  絶対君主と人民 ※文庫本○
■9  最後の東洋的社会 ※文庫本○
■10 フランス革命とナポレオン ※文庫本○ ※単行本○
■11 新大陸と太平洋 ※文庫本○ ※単行本○
■12 ブルジョアの世紀 ※文庫本○ ※単行本○
■13 帝国主義の時代 ※文庫本○ ※単行本○
■14 第一次世界大戦の世界 ※文庫本○ ※単行本○
■15 ファシズムと第二次世界大戦 ※文庫本○
■16 現代 人類の岐路 ※文庫本○

世界の歴史 全30巻 ※単行本 中央公論社版

■1  人類の起源と古代オリエント ※単行本○
■2  中華文明の誕生
■3  古代インドの文明と社会
■4  オリエント世界の発展
■5  ギリシャとローマ ※単行本○
■6  隋唐帝国と古代朝鮮
■7  宗と中央ユーラシア
■8  イスラーム世界の興隆
■9  大モンゴルの時代
■10 西ヨーロッパ世界の形成
■11 ビザンツとスラブ
■12 明清と李朝の時代
■13 東南アジアの伝統と発展
■14 ムガル帝国から英領インドへ
■15 成熟のイスラーム社会
■16 ルネッサンスと地中海
■17 ヨーロッパ近世の開花
■18 ラテンアメリカ文明の興亡
■19 中華帝国の危機
■20 近代イスラームの挑戦
■21 アメリカとフランス革命
■22 近代ヨーロッパの市民社会
■23 アメリカ合衆国の膨張
■24 アフリカの民族と社会
■25 アジアと欧米世界
■26 世界大戦と現代文化の開幕
■27 自立へ向かうアジア
■28 第二次世界大戦から米ソ対立へ
■29 冷戦と経済繁栄
■30 新世紀の世界と日本

世界の歴史 全25巻 ※単行本 河出書房

■1  人類の誕生
■2  古代オリエント ※単行本○
■3  中国のあけぼの
■4  ギリシャ
■5  ローマ帝国とキリスト教 ※単行本○
■6  古代インド
■7  大唐帝国
■8  イスラム世界
■9  ヨーロッパ中世
■10 西域
■11 アジアの征服王朝
■12 ルネッサンス ※単行本○
■13 絶対君主の時代
■14 明と清
■15 フランス革命
■16 ヨーロッパの栄光
■17 アメリカ大陸の明暗
■18 東南アジア
■19 インドと中近東
■20 中国の近代
■21 帝国主義の開幕
■22 ロシアの革命
■23 第二次世界大戦
■24 今日の世界
■25 人類の未来
■別巻 年表

世界の歴史 全25巻 ※単行本 講談社

■1  古代オリエント
■2  ギリシャとヘレニズム
■3  永遠のローマ
■4  古代の中国
■5  ガンジスの文明 ※単行本○
■6  黒い大陸の栄光と悲惨
■7  インディオ文明の興亡
■8  ヨーロッパ世界の成立
■9  ペルシャ帝国
■10 イスラムの時代
■11 中華帝国
■12 中央アジアの遊牧民族
■13 アジアの多島海
■14 インドシナ文明の世界
■15 近代ヨーロッパへの道
■16 ヨーロッパの世紀
■17 アメリカ合衆国の発展
■18 ロシアとソ連邦
■19 ビザンツと東欧世界
■20 二つの世界大戦
■21 中国の革命
■22 アラブの覚醒
■23 ラテンアメリカの独立
■24 変貌のインド亜大陸
■25 現代の世界

ビジュアル版 世界の歴史 全20巻 ※単行本 講談社○

□1  文明の誕生○
□2  古代のオリエント○
□3  ギリシャ・ローマの栄光○
□4  悠久のインド○
□5  中国文明の成立○
□6  イスラム世界の発展○
□7  ヨーロッパの出現○
□8  東アジアの世界帝国○
□9  ビザンツとロシア・東欧○
□10 草原とオアシス○
□11 東アジアの変貌○
□12 東南アジア世界の形成○
□13 大航海時代○
□14 ヨーロッパの革命○
□15 近代のアメリカ大陸○
□16 アジアの民族運動○
□17 東アジアの近代○
□18 帝国主義の時代○
□19 第二次世界大戦○
□20 現代の世界○
※2012・4/17日読了

人物 中国の歴史 全11巻 ※単行本 集英社版

■1  大黄河の夜明け
□2  諸子百家の時代○

墨子
豫譲(よじょう)と聶政(じょうせい)
呉起(ごき)と孫ぴん
商鞅(しょうおう)
蘇秦(そしん)と張儀(ちょうぎ)
孟子
老子と荘子

□3  戦国時代の群像○

沸騰する社会と諸思想 司馬遼太郎
楽毅(がくき)と田単(でんたん)
屈原(くつげん)
戦国の軍傑
呂不い
荀子と韓非子
けいかと高漸離(こうぜんり)

■4  長城とシルクロードと
■5  三国志の世界
□6  長安の春秋○

王義之(おうぎし)と顧ト之(こがいし)
陶淵明
随の煬帝
唐の太宗
玄奘三蔵
則天武后
玄宗と楊貴妃
李白と杜甫

■7  中国のルネッサンス
■8  落日の大帝国
■9  激動の近代中国
■10 人民中国の誕生
■11 別巻 故事と名言でつづる中国史

中国の歴史 全10巻 ※単行本 講談社版

■1  原始から春秋戦国○
■2  秦漢帝国
■3  魏晋南北朝
■4  隋唐帝国
■5  五代・宗
■6  元・明
■7  清帝国
■8  近代中国
■9  人民中国の誕生○
■10 目で見る中国の歴史

日本の合戦 全8巻 別巻1 人物往来社

■1 源平の盛衰○
■2 南北朝の争い
■3 群雄割拠(上)○
■4 群雄割拠(下)○
■5 織田信長○
■6 豊臣秀秀吉○
■7 徳川家康○
■8 明治維新○
■別巻 日本合戦年表合戦地図

大東亜戦史 全10巻 富士書苑

■1 太平洋編
■2 ビルマ・マレー編○
■3 フィリピン編○
■4 蘭印編○
■5 中国編
■6 満州編(上)
■7 満州編(下)
■8 朝鮮編
■9 国内編
■10 東京裁判編

日本史探訪 角川書店

■第1期 (昭和45年度番組)日本史探訪 第一集○

織田信長(海音寺潮五郎・司馬遼太郎)
豊臣秀吉(海音寺潮五郎・松本清張)
関ヶ原(松本清張・司馬遼太郎)
八幡太郎(壇 一雄・渡辺 保)
藤原三代(大佛次郎・高橋富雄)
平清盛(扇谷正造・山崎正和)
平家流亡(円地文子・梅原 猛)
井伊直弼(松本清張・奈良本辰也)
新選組(司馬遼太郎)
吉田松陰(武田泰淳・奈良本辰也)
坂本龍馬(司馬遼太郎)
勝海舟(江藤 淳・勝部真長)
白虎隊(木下恵介・福田善之)
学問は歴史にきわまる(日本史探訪の刊行に寄せて)海音寺潮五郎
生きた歴史を(日本史探訪の制作に当たって)水谷慶一

□第1期 (昭和45年度番組)日本史探訪 第二集○

西郷隆盛(海音寺潮五郎・色川大吉)
宮本武蔵(升田幸三・尾崎秀樹)
天草四郎(堀田善衛・遠藤周作)
平賀源内(樋口清之・吉田光邦)
源頼朝(村上元三・永原慶二)
曾我兄弟(池田弥三郎・角川源義)
北条政子(平林たい子・永井路子)
運慶(松本清張・中村直勝)
蒙古襲来(海音寺潮五郎)
菅原道真(中村真一郎)
空海(湯川秀樹)
平将門(赤城宗徳・大岡昇平)
紫式部(円地文子・中村真一郎)
千利休(唐木順三)

■第1期 (昭和45年度番組)日本史探訪 第三集(司馬遼太郎 楠木正成)

□第2期 (昭和46年度番組)日本史探訪 第四集○

謙信と信玄(海音寺潮五郎・新田次郎)
明智光秀(桑田忠親・辻邦生)
高山右近(三浦朱門)
伊達政宗(海音寺潮五郎)
真田幸村(南條範夫・福田善之)
お市の方と淀殿(杉本苑子・永井路子)
高杉晋作(大岡昇平・奈良本辰也)
徳川慶喜(江藤淳)
章義隊(池波正太郎・岡崎平次郎・沢野庄五郎)
遣唐使(塚本善隆・南條範夫)

□第2期 (昭和46年度番組)日本史探訪 第五集○

大伴家持(山本健吉)
源為朝(村上元三・和歌森太郎)
木曾義仲(海音寺潮五郎)
徳川家康(山岡荘八)
支倉常長(高橋富雄・H・チースリク)
本居宣長(西郷信綱)
大塩平八郎(岡本良一・中村真一郎)
佐渡金山(津村節子・松本清張)
日本武尊(上田正昭・益田勝実)
世阿弥(山崎正和)
親鸞(丹羽文雄)

■第2期 (昭和46年度番組)日本史探訪 第六集○(司馬遼太郎 新世界 蝦夷地開拓史)

尾形光琳(岡本太郎)
角倉了以(辻邦生・原田伴彦)
三井高利(中内功・中田易直)
銭屋五兵衛(城山三郎)
細川ガラシャ(伊藤大輔)
黒田如水(海音寺潮五郎)
大久保彦左衛門(杉浦明平)
長篠合戦(南條範夫・新田次郎)
信西入道(会田雄次・村井康彦)
鴨長明(堀田善衛)
新世界(司馬遼太郎・O・ケーリ・内村祐之・高倉新一郎・萱野茂・横山勉・後藤武市)

■第3期 (昭和47年度番組)日本史探訪 第七集○

山田長政(陳舜臣)
咸臨丸(江藤淳)
大黒屋光太夫(井上靖)
シーボルト(司馬遼太郎・緒方富雄)
幕末遣欧使節(司馬遼太郎)
フランシスコ・ザビエル(H・チースリク)
天正少年使節(遠藤周作)
ジョン万次郎(安岡章太郎)
海外から見た日本史(松田毅一・三浦朱門)

□第3期 (昭和47年度番組)日本史探訪 第八集○(司馬遼太郎 源義経)

源義経(司馬遼太郎・吉屋信子)
近松門左衛門(広末保・篠田正浩)
北条早雲(海音寺潮五郎・杉山博)
幕末琉球伝(海音寺藤五郎・大城立裕・新里金福)
杉田玄白(小川鼎三・吉村昭)
高野長英(杉浦明平・高橋しん一)
間宮林蔵(岩村忍・一色次郎)
聖徳太子(松本清張・井上光貞)
鑑真和上(寿岳文章・陳舜臣)
平安遷都(瀧川政次郎)
坂上田村麻呂(海音寺潮五郎・樋口清之)
徳川綱吉(吉屋信子・辻達也)

□第3期 (昭和47年度番組)日本史探訪 第九集○

斎藤道三(司馬遼太郎)
榎本武揚(江藤淳・加茂儀一)
荒木又右衛門(尾崎秀樹・藤井駿・岸宏子)
吉良上野介(松島栄一・渡辺玄一)
井原西鶴(開高健)
良寛(唐木順三)
田沼意次(松本清張・江上照彦)
由井正雪(柴田連三郎)
紀伊国屋文左衛門(中田易直・南條範夫)
千葉周作(海音寺潮五郎)
江川太郎左衛門(榛葉英治・高橋しん一)
松平容保(早乙女貢・江藤淳)

■第4期 (昭和48年度番組)日本史探訪 第十集(司馬遼太郎 大村益次郎)

信長と秀吉(山岡荘八・太田薫・石原慎太郎)
秀吉と家康(山岡荘八・太田薫・石原慎太郎)
熊谷直実(唐木順三)
山中鹿之介(海音寺潮五郎)
大村益次郎(司馬遼太郎)
山岡鉄舟(板東三津五郎・大森曹玄)
幡随院長兵衛(池波正太郎・村井益男)
花岡青洲(榊原仟・有吉佐和子)
柳生宗矩(今村嘉雄・五味康祐)
大久保利通(大久保利謙・城山三郎)
西郷と大久保(海音寺潮五郎・大久保利謙・荻原延寿)

□第4期 (昭和48年度番組)日本史探訪 第十一集○

小林一茶(一色次郎・金子兜太)
河井継之助(船山馨・村上一郎)
滝沢馬琴(井上ひさし・松田修)
細川幽斎(松本清張)
葛飾北斎(棟方志功)
一休宗純(唐木順三)
佐久間象山(奈良本辰也・網淵謙錠)
徳川斉昭(山川菊栄・小西四郎)
太田道灌(杉山博・永井路子)
大友宗麟(中村真一郎)
三浦梅園(湯川秀樹)

□第4期 (昭和48年度番組)日本史探訪 第十二集○

源実朝(上田三四二・杉本苑子)
佐倉惣五郎(児玉幸多・松永伍一)
毛利元就(戸川幸夫・野村尚吾)
堀部安兵衛(吉行淳之介)
平知盛(木下順一)
加藤清正(五味康裕・片山丈士)
石田三成(北條誠)
司馬江漢(高橋しん一・細野正信)
相楽総三(網淵謙錠・岡本喜八)
赤報隊始末(小西四郎・岡本喜八・花輪莞爾)

□第5期 (昭和49年度番組)日本史探訪 第十三集○

伊能忠敬(松本清張・保柳睦美)
貝原益軒(杉靖三郎)
頼山陽(中村真一郎)
武田信玄(新田次郎)
直江兼続(海音寺潮五郎・尾崎周道)
梶原景時(村上元三・永井路子)
足利義満(山崎正和)
雪舟(東山魁夷・松本新八郎)
桂小五郎(福田善之・城山三郎)
徳川吉宗(柴田練三郎・芳賀徹)
大石良雄(福田善之・南條範夫)
島津斉彬(一色次郎・奈良本辰也)

■第5期 (昭和49年度番組)日本史探訪 第十四集○

支倉常長(二)(遠藤周作)
ペリー提督(江藤淳)
万延元年遣米使節(加瀬俊一・小西四郎)
アメリカ彦蔵(坂西志保)
春日局(北条秀司・杉本苑子)
上田秋成(小松左京)
小西行長(田中澄江・原田伴彦)
西行(紀野一義・山本健吉)
足利義政(永井路子・赤松俊秀)
前田利家(池波正太郎)
鳥居耀蔵(松島栄一・松本清張)
日米修好事始(江藤淳・斉藤真・金井圓)

■第6期 (昭和50年度番組)日本史探訪 第十五集○

竹本義太夫(長谷川幸延・竹本津太夫)
十返舎一九(井上ひさし)
松平定信(奈良本辰也・南條範夫)
新田義貞(海音寺潮五郎)
本能寺の変(松本清張・宝月圭吾)
一遍(唐木順三)
松永弾正久秀(南條範夫・桑田忠親)
会津落城(網淵謙錠)
藤原道長(中村真一郎・村井康彦)
岩倉具視(城山三郎・小西四郎)
武田勝頼(新田次郎)

□第6期 (昭和50年度番組)日本史探訪 第十六集○(司馬遼太郎 江藤信平)

藤原定家(野口武彦・村山修一)
上杉鷹山(奈良本辰也・網淵謙錠)
清少納言(田中澄江・池田弥三郎)
福島正則(池波正太郎・桑田忠親)
坂田藤十郎(中村雁治郎・長谷川幸延)
蒲生氏郷(海音寺潮五郎)
和気清麻呂(瀧川政次郎・横田健一)
近藤勇(戸川幸夫・早乙女貢)
松浦武四郎(更科源蔵・船山薫・吉田武三)
徳川家光(山岡荘八)
江藤新平(司馬遼太郎)

□第6期 (昭和50年度番組)日本史探訪 第十七集○(司馬遼太郎 朱印船)

水野忠邦(松本清張・岡本良一)
太田蜀山人(平岩弓枝・浜田義一郎)
濃尾治水(海音寺潮五郎・杉本苑子)
足利義昭(永井路子・山崎正和)
与謝野蕪村(暉峻康隆・森本哲郎)
高山右近(二)(遠藤周作)
鉄砲伝来(所荘吉・陳舜臣)
じゃがたらお春(有吉佐和子・岩生成一)
朱印船(司馬遼太郎)
海を渡った日本人(永積昭・矢野暢・入江寅次・石居太楼)

□第5期 (昭和49年度番組)日本史探訪 別巻古代編T○

八ヶ岳縄文人の風景 原日本人(上山春平・藤森栄一・武藤雄六)
高天原の王 持統天皇(上田正昭・田辺聖子)
消えた石人の謎 磐井の叛乱(原田大六・多賀谷伊徳)
双面の詩人 柿本人麿(梅原猛・池田弥三郎)
追放者の神話 スサノヲの命(西郷信綱・山本七平)
風雪無明 山上憶良(中西進・金達寿)

■第5期 (昭和49年度番組)日本史探訪 別巻古代編U○

わが内なる国家と民族 ヤマタイ国(松本清張・藤太生大・上田正昭・田辺昭三)司会 水谷慶一
神と王の遍歴(2)近江王朝(林屋辰三郎)
山と河と水海と 古代出雲王朝(角川源義・加藤義成)
野生のゆくえ オオカミの裔(すえ)(直良信夫・畑 正憲)
”かがみ”としての古代史 あとがきにかえて(水谷慶一)

□第5期 (昭和49年度番組)日本史探訪 別巻古代編V○

倭人たちの海 続・原日本人(宮本常一・和歌森太郎)
聖王伝説 仁徳天皇(直木孝次郎・田辺聖子)
われ天寿国をみたり 聖徳太子(横超慧日・梅原猛)
仮面の宰相 藤原不比等(上山春平・角田文衛)
血と法悦 孝謙・称徳天皇(永井路子・門脇禎二)
悔恨の都 桓武天皇(中山修一・上田正昭)

ドキュメント 昭和 世界への登場(全 冊)
角川書店

1,ベルサイユの日章旗〜一等国ニッポン○

2,上海共同租界〜事変前夜

3,アメリカ車上陸を阻止せよ〜技術小国日本の決断

4,トーキーは世界をめざす〜国策としての映画

5,オレンジ作戦〜軍縮下の日米太平洋戦略○

6,潰え去ったシナリオ〜ウォール街からの衝撃

7,満州国誕生

8,”十字架上の日本〜国際連盟との訣別”

9,ヒトラーのシグナル〜ドイツに傾斜した日

10,

11,


森 浩一氏

□京都の歴史を足元からさぐる 洛北・上京・山科の巻 学生社
□京都の歴史を足元からさぐる 北野・紫野・洛中の巻 学生社
■京都の歴史を足元からさぐる 洛東の巻 学生社
■京都の歴史を足元からさぐる 嵯峨・嵐山・花園・松尾の巻 学生社
■京都の歴史を足元からさぐる 宇治・筒木・相楽の巻 学生社
■京都の歴史を足元からさぐる 丹後・丹波・乙訓の巻 学生社
□日本神話の考古学 朝日新聞社○
■山野河海の列島史 朝日新聞社○
□地域学のすすめ ― 考古学からの提言 岩波新書○
■古代日本と古墳文化 講談社学術文庫○
■古墳の発掘 中公新書○
■語っておきたい古代史 新潮文庫○
■日本の古代遺跡27 京都1 森浩一企画 平良泰久 久保哲正 奥村清一郎 共著 保育社○
■古墳 カラ−ブックス 保育社
■考古学入門 カラ−ブックス 保育社
■倭人伝を読む 中公新書
■巨大古墳の世紀 岩波新書
■地域学から歴史を読む ― 春日井シンポジウム第11回 大巧社
■東海学が歴史を変える ― 弥生から伊勢平氏まで 五月書房
■東海学と日本文化 ― 地域学をめざして 五月書房
■東海学の創造をめざして ― 考古学と歴史学の諸問題 五月書房
■関東学をひらく ― 調査ノ−ト1999−2000 朝日新聞出版
■馬 日本古代文化の探究 社会思想社
■鉄 日本古代文化の探究 社会思想社
■墓地 日本古代文化の探究 社会思想社
■馬・船・常民 ― 東西交流の日本列島史 網野善彦・森浩一 河合出版
■鏡 日本古代文化の探究 社会運動研究会
■池 日本古代文化の探究 社会運動研究会
■図説日本の古代 〈第1巻〉 海を渡った人びと 中央公論新社
■図説日本の古代 〈第2巻〉 木と土と石の文化 中央公論新社
■図説日本の古代 〈第3巻〉 コメと金属の時代 中央公論新社
■図説日本の古代 〈第4巻〉 諸王権の造型 中央公論新社
■図説日本の古代 〈第5巻〉 古墳から伽藍へ 中央公論新社
■図説日本の古代 〈第6巻〉 文字と都と駅 中央公論新社
■新・日本史への旅 〈西日本編〉森浩一・吉江雅祥 朝日新聞出版
■新・日本史への旅 〈東日本編〉森浩一・吉江雅祥 朝日新聞出版
■古墳文化小考 現代教養文庫 (新版) 社会思想社

【博物館・展示会資料】

○大谷探検隊展〜将来品と個人コレクション〜龍谷大学大宮図書館2010年度春季特別展観 大谷大学○
○流域紀行〜宇治川の原風景をたずねて〜(平成20年)宇治市歴史資料館○
○国寶 日本国宝展目録(昭和五十一年)主催 京都国立博物館・読売新聞社○
○特別展覧会 源氏物語の美術(昭和五十年)主催 京都国立博物館○
○特別展覧会 京の社寺名宝展(昭和四十九年)主催 京都国立博物館・京都新聞社○
○韓国美術五千年展(1976年) 主催 京都国立博物館・朝日新聞社○
○特別展 絵巻(1974年)東京国立博物館○

○博物館あんない 沖縄県立博物館○

【歴史関連資料書籍】

■「邪馬台国が見える!」日本放送出版協会○


☆随唐演義(全5巻)田中芳樹編訳 徳間書店○
■1群雄雌伏ノ巻○
■2随の煬帝ノ巻○
■3太宗李世民ノ巻○
■4女帝武則天ノ巻○
■5玄宗と楊貴妃ノ巻○


☆中国の英傑(全10巻)田中芳樹編訳 集英社版
■1秦の始皇帝
■2項羽
■3漢の武帝
■4曹操○
■5諸葛孔明○
■6三蔵法師
■7則天武后
■8楊貴妃
■9チンギス・ハーン
■洪秀全10


■「倭国伝 講談社学術文庫 全訳注」藤堂明保・竹田 晃・影山輝國○

○後漢書(巻八十五・東夷列伝)
○三国志(巻三十・魏書三十・烏丸鮮卑東夷伝)
○宋書(巻九十七・夷蛮)
○随書(巻八十一・東夷)
○旧唐書(巻一百九十九上・東夷)
○新唐書(巻二百二十・東夷)
○宗史(巻四百九十一・外国七)
○元史(巻二百八・外夷一)
○明史(巻三百二十二・外国三)

※「倭国伝」原文
※日中交渉史年表


■「魏志倭人伝・後漢書倭伝・宋書倭国伝・隋書倭国伝」和田 清・石原道博 編訳 岩波文庫○

■「旧唐書倭国日本伝・宗史日本伝・元史日本伝」和田 清・石原道博 編訳 岩波文庫○

■「魏志倭人伝と邪馬台国」武光 誠 読売新聞調査研究本部 読売ブックレットNo10(完全保存版)○

○原文・読み下し・現代語訳
○宮内庁書陵部蔵本写真
○倭国伝の国々ガイド
○キーワード


■易経(上)岩波文庫○
■易経(下)岩波文庫○


☆十八史略

「十八史略」(1〜6)陳舜臣著 毎日新聞社○

■[史記](司馬遷)

■史記列伝(1)岩波文庫○
■史記列伝(2)岩波文庫○
■史記列伝(3)岩波文庫
■史記列伝(4)岩波文庫
■史記列伝(5)岩波文庫○



□「史記」ビギナーズクラッシック中国の古典 福島 正 角川文庫○
■「史記の正統」平勢隆郎 講談社学術文庫○
□「ものがたり 史記」陳舜臣著 朝日文芸文庫○
■「司馬遷 史記の世界」武田泰淳著 講談社文庫○

■[漢書](班固)
■[後漢書](范曄)
■[三国志](陳寿)

■三国志(1)岩波文庫○
■三国志(2)岩波文庫○
■三国志(3)岩波文庫○
■三国志(4)岩波文庫○
■三国志(5)岩波文庫
■三国志(6)岩波文庫



■「完訳 三国志」(1〜8)小川環樹・金田純一郎訳 角川文庫○
■「物語 三国志」芦田孝昭訳 社会思想社○
■「秘本 三国志」(1〜6)陳舜臣著 文春文庫○

■[晋書](房玄齢 他)
■[宋書](沈約)
■[南斉書](蕭子顕)
■[梁書](姚思廉)
■[陳書](姚思廉)
■[魏書](魏収)
■[北斉書](李百薬)
■[後周書](崔仁師)
■[隋書](魏徴・長孫無忌)
■[南史](李延寿)
■[北史](李延寿)
■[新唐書](欧陽脩・宋祁)
■[新五代史](欧陽脩)
■宋鑑[続宋編年資治通鑑](李熹)と[続宋中興編年資治通鑑](劉時挙)の二書


☆司馬遷関連書籍

■伊藤徳男『史記と司馬遷』 山川出版社
■藤田勝久『司馬選の旅』 中公新書
■宮崎市定『史記を語る』 岩波新書、のち岩波文庫
■武田泰淳『司馬遷 史記の世界』 講談社文庫/講談社文芸文庫
■林田慎之助『司馬遷 起死回生を期す』 集英社/集英社文庫
■加地伸行『「史記」再説 司馬遷の世界』 講談社現代新書/中公文庫
■司馬遷『史記』 小竹文夫・小竹武夫共訳、ちくま学芸文庫全8巻
■司馬遷『史記列伝』全5巻、『史記世家』全3巻、小川環樹ほか訳/岩波文庫
■司馬遷『史記列伝』全2巻、貝塚茂樹・川勝義雄共訳、中公クラシックス・中央公論社
■『中国古代の歴史家たち−司馬遷・班固・范曄・陳寿の列伝訳注』 福井重雅編訳/早稲田大学出版部


■論語 貝塚 茂樹訳注 中公文庫○

■物語 三国志 芦田 孝昭訳 現代教養文庫 社会思想社○

□卑弥呼の鏡 三角縁神獣鏡〜奈良・黒塚古墳がいざなう邪馬台国〜サンデー毎日臨時増刊3月4日号 毎日新聞社○

□「号外百年史」小野秀雄編 読売新聞社○

□「歴史読本2007/11・12月号(歴史検証日本書紀)」○

□「歴史読本辞典シリーズ22「日本歴史地名総覧」(1994/10/6)○

□「歴史読本辞典シリーズ35「(日本古代史)記紀・風土記総覧」(1998/3/16)」○

□日本古代史人名辞典 「歴史読本」2007/11・12月号付録(全2冊)○

□人物日本歴史館(幕末維新編 前期・後期 2冊)知的生き方文庫 三笠書房

□日本史B用語集 山川出版社発行○

□詳細 新日本史資料集成 第一学習社発行○

□ビジュアルワイド 図説 日本史 東京書籍発行○

□新訂 総合国語便覧 第一学習社発行○

□世界史詳覧 浜島書店発行○

□詳密世界史地図 帝国書院発行○

□日本鉄道旅行地図帳(歴史編成 満州・樺太)新潮社○

□日本鉄道旅行地図帳(歴史編成 朝鮮・台湾)新潮社○

□全国鉄道絶景 パノラマ地図帳 集英社○

□日本地図 ライトマップルシリーズ 昭文社○

□空からみた歴史景観 矢守一彦編 大明堂○

○全国道路地図
○関西道路地図
○中国道路地図
○京都
○奈良
○兵庫
○滋賀
○香川
○徳島
○愛媛
○高知
○鹿児島

【歴史・地誌関連書籍(戦争)】

☆沖縄

□写真記録 「これが沖縄戦だ」大田昌秀 編著 琉球新報社 発売元 那覇出版社○
■沖縄の歴史と文化 外間守善著 中公新書○

【歴史・地誌関連書籍(西域)】

☆シルクロード(全十二冊)○ NHK取材班 日本放送出版協会

□シルクロード第一巻「長安から河西回廊へ」陳 舜臣 NHK取材班 日本放送出版協会
□シルクロード第二巻「敦煌 砂漠の大画廊」井上 靖 NHK取材班 日本放送出版協会
□シルクロード第三巻「幻の楼蘭・黒水城」井上 靖 岡崎 敬 NHK取材班 日本放送出版協会
□シルクロード第四巻「流砂の道 西域南道を行く」井上 靖 長澤 和俊 NHK取材班 日本放送出版協会
□シルクロード第五巻「天山南路の旅 トルファンからクチャへ」陳 舜臣 NHK取材班 日本放送出版協会
□シルクロード第六巻「民族の十字路 イリ・カシュガル」司馬遼太郎 NHK取材班 日本放送出版協会
□シルクロード第七巻「パミールを越えて パキスタン・インド」陳 舜臣・樋口隆康 NHK取材班 日本放送出版協会
□シルクロード第八巻「コーランの世界 イラン・イラク」陳 舜臣・藤井秀夫 NHK取材班 日本放送出版協会
□シルクロード第九巻「大草原をゆく ソビエトT」井上 靖・樋口隆康 NHK取材班 日本放送出版協会
□シルクロード第十巻「アジア最深部 ソビエトU」井上 靖・加藤九祚 NHK取材班 日本放送出版協会
□シルクロード第十一巻「騎馬・隊商の道 コーカサス・シリア・トルコ」江上波夫・陳 舜臣 NHK取材班 日本放送出版協会
□シルクロード第十二巻「すべての道はローマに通ず イスタンブール・ギリシャ・イタリア」井上 靖 他 NHK取材班 日本放送出版協会

☆大黄河(全5冊) NHK取材班 日本放送出版協会

■大黄河 第1巻「遙かなる河源に立つ」井上 靖 NHK取材班 日本放送出版協会○
■大黄河 第2巻「異境の民とオルドスの興亡」西田龍雄 NHK取材班 日本放送出版協会
■大黄河 第3巻「黄土高原 文明のゆりかご」樋口隆康 NHK取材班 日本放送出版協会○
□大黄河 第4巻「仏陀の道」鎌田茂雄 NHK取材班 日本放送出版協会○
■大黄河 第5巻「大河 渤海に到る」陳 舜臣 NHK取材班 日本放送出版協会


□地球の歩き方 「モンゴル」 株式会社ダイヤモンド・ビッグ社発行○

□地球の歩き方 「シルクロード・中央アジアの国々」 株式会社ダイヤモンド・ビッグ社発行○

□地球の歩き方 「西安・敦煌・ウルムチ」 株式会社ダイヤモンド・ビッグ社発行○

平山郁夫 - Wikipedia

平山郁夫シルクロード美術館

(財)文化財保護・芸術研究助成財団

平山郁夫美術館

■「唐招提寺全障壁画」東山魁夷小画集 新潮文庫○

陳舜臣氏

■「シルクロードの旅」 平凡社 ☆単行本○
■「敦煌の旅」 平凡社 ☆単行本○
■「シルクロードの旅」 たちばな出版
■「パミールを越えて」 たちばな出版
□「世界の都市の物語 イスタンブール」文藝春秋 ☆単行本○
■西域余聞 たちばな出版
■シルクロード悠々 文芸社

■シルクロードの謎 町田隆吉著 光文社文庫○

■桜蘭王国 赤松明彦著 中公新書○

■ 西域探検の世紀 金子 民雄 著 岩波書店

□シルクロード 岩村 忍著 NHKブックス○

□シルクロード(上・下)スヴェン・ヘディン著 福田 宏年訳 岩波文庫○

□さまよえる湖(上・下)スヴェン・ヘディン著 福田 宏年訳 岩波文庫○

■馬仲英の逃亡 スヴェン・ヘディン 著 小野 忍 訳 中央公論新社

■ 探検家としてのわが生涯 新装 スウェン・ヘディン 著 山口 四郎 訳 白水社

■西蔵探検記 スウェン・ヘディン 著 高山 洋吉 訳 慧文社

■チベット遠征 改版 スヴェン・ヘディン 著 金子 民雄 訳 中央公論新社

■中央アジア踏査記 スタイン 著 沢崎 順之助 訳 白水社

■シルクロード探検 大谷探検隊 著 長澤 和俊 編 白水社

■チベット旅行記 河口 慧海 著 白水社

■中央アジア探検史 深田 久弥 著 白水社

■西トルキスタンへの旅 (上・下) ランスデル 白水社

■蒙古と青海 コズロフ 著 西 義之 訳 白水社

■西域への砂漠の道 ラティモア 著 谷口 陸男 訳 白水社

■黄河源流からロプ湖へ プルジェワルスキー 著 加藤 九祚 訳 中野 好之 訳 白水社

■カラコラムを越えて ヤングハズバンド 著 石 一郎 訳 白水社

■ユーラシア横断紀行 アトキンソン 著 白水社

■内陸アジア縦断 ボンヴァロ 著 白水社

■シナ奥地を行く ローヌ 著 白水社

■中央アジア自動車横断 ル・フェーブル 著 白水社

■ダッタン通信 フレミング 著 白水社

■コンロン紀行 スミグノフ 著 白水社




【歴史・地誌関連書籍(中国・朝鮮・インド・インドネシアその他)】

【中国】

■一冊でつかめる!中国近現代史 講談社+α新書 荘 魯迅著
〜人民と権力と腐敗の170年 激動の記録

■人民中国への道 新書東洋史D 中国の歴史5 講談社現代新書 小野信璽著

□「The Diary of John Rabe 南京の真実」ジョン・ラーベ著 エルヴィン・ヴィッケルト編 平野卿子訳 講談社○



【朝鮮】

■韓国の歴史  国定韓国高等学校歴史教科書 チョ・チャンスン ソン・ヨノク訳 明石書店○

□朝鮮近現代史を歩く 京都からソウルへ 太田 修著 佛教大学鷹陵文化叢書20 思文閣出版○

□対談「日本の驕慢 韓国の傲慢(にほんのおごり かんこくのたかぶり)新日韓関係の方途」渡辺昇一・呉善花 徳間書店○

□韓国・朝鮮地名便覧 1992年版 日本加除出版株式会社発行○





【台湾】




【シンガポール】



【インド】


【インドネシア】


【その他】


【歴史・地誌関連書籍(西洋史)】

概説 西洋史 衣笠 茂・田村満穂・中村賢次郎・廣實源太郎 東京創元社○
○科学史概説 藪内 清・石藏甚平 著 朝倉書店○
○自然科学史 友松芳郎編 創元社○


【歴史・地誌関連書籍】


■一外交官の見た明治維新(上・下) アーネスト・サトウ著 岩波文庫○

■「シュリーマン旅行記 清国・日本 ハインリッヒ・シュリーマン著 石井和子訳 講談社学術文庫○

□古代の日本海文化 藤田 富士夫著 中公新書○

□よみがえる古代文書 平川 南著 岩波新書○

□広瀬武夫

『航南私記』(明治37年(1904年)、修徳園)
『近代日本人の肖像』
『広瀬武夫全集』(全2巻、昭和58年(1983年)、講談社)高城知子・島田謹二・司馬遼太郎編

関連書籍
『坂の上の雲』司馬遼太郎 文藝春秋全6巻、文春文庫全8巻
『ロシヤにおける広瀬武夫』島田謹二 朝日選書全2巻 文庫化
『日露戦争』児島襄 文藝春秋全5巻、文春文庫全8巻
『広瀬家の人々』高城知子 新潮社 1980年 著者は兄・勝比古の孫
『軍神広瀬武夫の生涯』高橋安美 新人物往来社・文庫 2009年) 小説
『広瀬武夫 旅順に散った「海のサムライ」』桜田啓 PHP研究所 2009年 小説
『日露戦争物語』江川達也 小学館ビックコミッグ
『日露戦争秘話 杉野はいずこ―英雄の生存説を追う』 林えいだい 新評論

幕末

□「幕末史」半藤 一利著 ※単行本 新潮社○ 


【近現代史関連書籍】

□日本近代史学事始め〜一歴史家の回想 大久保利謙著 岩波新書○

国立国会図書館 憲政資料室


【明治時代関連書籍】

■氷川清話 勝 海舟 服部 真長編 角川文庫○

□「武士道 BUSHIDO The Soul of Japan」 新渡戸稲造著 岬 龍一郎訳 PHP○

○南洲翁遺訓 西郷隆盛(角川ソフィア文庫 ビギナーズ・クラシックス) (文庫)
○学問のすすめ 福沢諭吉著 佐藤きむ訳 (角川ソフィア文庫 ビギナーズ・クラシックス) (文庫)
○学問のすすめ(原文) 福沢諭吉著 土橋俊一 校訂・校注 講談社文庫
○『福翁自伝』福沢諭吉著 富田正文校訂 岩波文庫
『西洋事情』
『文明論之概略』
『福翁百話』
『福澤諭吉著作集(全12巻)』慶應義塾大学出版会



■明治天皇(上・下)ドナルド・キーン著 新潮社 単行本○






【大正時代関連書籍】











【昭和時代関連書籍】

昭和史探訪 三國 一朗・井田 麟太郎編 全6冊○

□昭和史探訪1○
〜昭和初期〜
□昭和史探訪2○
〜日中戦争〜
□昭和史探訪3○
〜太平洋戦争前期〜
□昭和史探訪4○
〜太平洋戦争後期〜
□昭和史探訪5○
〜終戦前後〜
□昭和史探訪6○
〜戦後三○年〜

半藤 一利氏

□「昭和史」※単行本 平凡社○ 文庫本○
□「昭和史 戦後篇」※単行本 平凡社○ 文庫本○
□「日本海軍の興亡」PHP文庫○
□「日本国憲法の二○○日」文春文庫○
□「ソ連が満洲に侵攻した夏」 ※単行本 文芸春秋○
□「日本史はこんなに面白い」対談集 文芸春秋 ※単行本○
■「ノモンハンの夏」 文春文庫 文芸春秋○
※「ノモンハンの夏」 文芸春秋
■「真珠湾の日」 文春文庫 文芸春秋○
■「日本のいちばん長い日」 文春文庫 文芸春秋○
■ビデオ ドキュメント『ノモンハンの夏』文芸春秋




□ノモンハン戦争○ 〜モンゴルと満州国〜 田中克彦著 岩波新書

■昭和天皇○ 原 武史著 岩波新書

□昭和天皇の終戦史○ 吉田裕著 岩波新書


山本 七平氏

■「『日本人とユダヤ人』 イザヤ・ベンダンサン(山本七平)著 」 (山本書店1970年)○
□「常識の落とし穴」 (日本経済新聞社)○
□「禁忌の聖書学」 (新潮社)○
□「下級将校の見た帝国陸軍」 (文春文庫)
□「ある異常体験者の偏見 (文春文庫) 」
□「私の中の日本軍 (文春文庫) 」



邱永漢氏

邱永漢 公式ウェブサイト

■『中国人と日本人』 邱永漢著 (中央公論社)○



【宇治市関連書籍】
□宇治文庫

□1 宇治の仏たち

□2 平安時代の宇治 −王朝文化の語り部たち−

□3 巨椋池(品切れ)※復刻版○

□4 宇治茶の文化史

□5 宇治橋 −歴史と地理のかけはし−

□6 宇治をめぐる人びと

□7 発掘ものがたり宇治

□8 宇治猿楽と離宮祭 −宇治の芸能史−

□9 宇治の道 旅人と歩く

□10 緑茶の時代 −宇治・黄檗の近世史−

【宇治市関連書籍】
□「橋守八百年(あるじ茶のみ咄し)」通円良三著○

■宇治茶 −名所絵から製茶図へ−

■宇治の文華 −雅びと寂び−

■上林清泉

■宇治の文化財 −市指定品を中心に−

■源氏物語の世界 −王朝文化への憧憬−

■宇治人物誌 −日記・物語・肖像−

■大名と茶師 −三入宛書状を中心に−

■近衛家と宇治 −陽明文庫の名宝から−

■宇治橋 −その歴史と美と−

■隠元渡来 −興聖寺と萬福寺−

■王朝人の浄土

■宇治名所図会 −旅へのいざない−

■許波多 −歴史と文化−

■世界遺産と暮らす街 宇治の名宝

■おとぎ電車が走った頃−昭和30年代の暮らしと風景−

■おぐら池 −入江、大池、巨椋池−

■幕末明治京都名所案内

□宇治の碑−路傍の語り部たち−○

【宇治市関連書籍】
■ 宇治市史 1 古代の歴史と景観

■ 宇治市史 2 中世の歴史と景観

■ 宇治市史 3 近世の歴史と景観

■ 宇治市史 4 近代の歴史と景観

■ 宇治市史 5 東部の生活と環境

■ 宇治市史 6 西部の生活と環境

■ 宇治市史年表         

【宇治市関連書籍】
☆宇治市教育委員会 文化財関係刊行物一覧

☆平成元年3.31史跡隼上り瓦窯跡

■宇治市埋蔵文化財発掘調査概報

■昭和62.3.31宇治埋蔵文化財発掘調査概報10  東中遺跡・菟道遺跡・滋賀谷遺跡・二子塚古墳外濠・岡本廃寺・岡本遺跡・寺界道遺跡 

■昭和63.3.31宇治埋蔵文化財発掘調査概報11  瓦塚古墳・二子塚古墳(宇治遺跡群)  

■昭和63.3.31宇治埋蔵文化財発掘調査概報12  上大谷古墳群・隼上り遺跡・西隼上り遺跡・菟道遺跡・北山畑瓦窯跡・京極殿跡・宇治市街遺跡・平等院古瓦・善法古墳出土遺物

■平成元年3.31宇治埋蔵文化財発掘調査概報13  五ヶ庄二子塚古墳 昭和63年度発掘調査 

■平成元年3.31宇治埋蔵文化財発掘調査概報14  尖山古墳等・三室戸寺子院跡・小倉環濠集落跡・伊勢田塚古墳・善法古墓・赤塚遺跡・金草原遺跡・寺界道遺跡

■平成2.3.31宇治埋蔵文化財発掘調査概報15  庵寺山古墳・五ヶ庄二子塚古墳

■平成2.3.31宇治埋蔵文化財発掘調査概報16  矢落遺跡・宇治市街遺跡・宇治丸山古墳

■平成3.3.30宇治埋蔵文化財発掘調査概報17  広野廃寺・池山瓦窯跡 

■平成4.3.31宇治埋蔵文化財発掘調査概報18  若林遺跡・宇治市街遺跡・西浦遺跡・矢落遺跡

■平成4.3.31宇治埋蔵文化財発掘調査概報19  平等院旧境内・矢落遺跡・八軒屋谷遺跡・二子塚古墳 

■平成5.3.31宇治埋蔵文化財発掘調査概報20  旦椋遺跡 第2次発掘調査 

■平成5.3.31宇治埋蔵文化財発掘調査概報21  木幡神社遺跡・西浦遺跡  

■平成5.12.1宇治埋蔵文化財発掘調査概報22  平等院旧境内遺跡 

■平成6.3.31宇治埋蔵文化財発掘調査概報23  白川金色院跡発掘調査 平成5年度 

■平成6.3.31宇治埋蔵文化財発掘調査概報24  平等院旧境内多宝塔推定地 第1次発掘調査 

■平成6.3.31宇治埋蔵文化財発掘調査概報25  宇治丸山古墳・野神遺跡・金草原遺跡・矢落遺跡4次・旦椋遺跡3次

■平成7.3.31宇治埋蔵文化財発掘調査概報26  平等院旧境内多宝塔推定地 第2次発掘調査 

■平成7.3.31宇治埋蔵文化財発掘調査概報28  旦椋遺跡 第1次発掘調査 

■平成7.3.31宇治埋蔵文化財発掘調査概報29  宇治市街遺跡 

■平成7.3.31宇治埋蔵文化財発掘調査概報30  西浦遺跡発掘調査概報 

■平成7.3.31宇治埋蔵文化財発掘調査概報31  若林遺跡 

■平成7.6.30宇治埋蔵文化財発掘調査概報32  野神遺跡・井尻遺跡 

■平成7.3.31宇治埋蔵文化財発掘調査概報33  西隼上り遺跡 

■平成8.3.31宇治埋蔵文化財発掘調査概報35  西浦遺跡・三室戸寺子院・下居遺跡・宇治神社遺跡・西隼上り遺跡・宇治陵隣接地 

■平成8.3.31宇治埋蔵文化財発掘調査概報36  東屋観音発掘調査 

■平成9.3.31宇治埋蔵文化財発掘調査概報38  乙方遺跡 

■平成9.3.31宇治埋蔵文化財発掘調査概報39  赤塚遺跡・木幡遺跡群・一里山遺跡・槇島遺跡 

■平成10.3.31宇治埋蔵文化財発掘調査概報40  若林遺跡 

■平成10.3.31宇治埋蔵文化財発掘調査概報42  西笠取遺跡 

■平成11.3.31宇治埋蔵文化財発掘調査概報43  白川金色院跡・平等院旧境内遺跡 

■平成11.3.31宇治埋蔵文化財発掘調査概報44  JR奈良線宇治駅 

■平成11.3.31宇治埋蔵文化財発掘調査概報45  木幡神社遺跡・妙見古墓・妙見遺跡・菟道遺跡・立命館宇治高校移転予定地 

■平成12.3.31宇治埋蔵文化財発掘調査概報46  白川金色院跡発掘調査 平成11年度 

■平成12.3.31宇治埋蔵文化財発掘調査概報47  東内38番地 

■平成12.3.31宇治埋蔵文化財発掘調査概報48  春日森遺跡・広野遺跡・尊勝寺跡・赤塚遺跡・神明宮東遺跡・宇治市街遺跡 

■平成13.3.31宇治埋蔵文化財発掘調査概報50  白川金色院跡発掘調査 平成12年度 

■平成13.3.31宇治埋蔵文化財発掘調査概報51  寺界道遺跡・旦椋遺跡 

■平成14.3.31宇治埋蔵文化財発掘調査概報52  寺界道遺跡・宇治市街遺跡・西浦遺跡・石塚遺跡・宇治郡衙推定地、矢落遺跡 

■平成14.3.31宇治埋蔵文化財発掘調査概報53  白川金色院跡発掘調査 平成13年度

■平成16.3.31宇治埋蔵文化財発掘調査報告書55  宇治市街遺跡(宇治里尻5他) 

■平成16.3.31宇治埋蔵文化財発掘調査報告書56  宇治市街遺跡(川東・川西地区)・菟道遺跡・若林遺跡・宇治上神社遺跡  

■平成16.3.31宇治埋蔵文化財発掘調査報告書57  平等院旧境内遺跡・菟道遺跡 

☆宇治市教育委員会 宇治市文化財調査報告
          
■平成3.3.30宇治市文化財調査報告2  宇治二子山古墳発掘調査報告 

■平成4.3.31宇治市文化財調査報告3  五ヶ庄二子塚古墳発掘調査報告 

■平成4.3.31宇治市文化財調査報告4  木幡浄妙寺跡発掘調査報告 

■1998.3.31宇治市文化財調査報告5  菟道門ノ前古墳・菟道遺跡発掘調査報告書 

■2003.3.31宇治市文化財調査報告6  白川金色院跡発掘調査報告書 

☆宇治市教育委員会 文化財関係刊行物一覧 
 
■昭和60.3.31宇治の美術工芸  

■昭和61.3.30宇治の建造物  

■平成2.3.31宇治の文化財 宇治市指定文化財
 
■平成3.3.30宇治二子山古墳とその時代

■平成7.3.1文化財宇治'94 宇治上神社・平等院世界遺産登録記念 











シルクロード(全十二冊)NHK取材班 日本放送出版協会

シルクロード第一巻
「長安から河西回廊へ」陳 舜臣 NHK取材班
シルクロード第二巻
「敦煌 砂漠の大画廊」井上 靖 NHK取材班
シルクロード第三巻
「幻の楼蘭・黒水城」井上 靖 岡崎 敬 NHK取材班
シルクロード第四巻
「流砂の道 西域南道を行く」井上 靖 長澤 和俊 NHK取材班
シルクロード第五巻
「天山南路の旅 トルファンからクチャへ」陳 舜臣 NHK取材班
シルクロード第六巻
「民族の十字路 イリ・カシュガル」司馬遼太郎 NHK取材班
シルクロード第七巻
「パミールを越えて パキスタン・インド」陳 舜臣・樋口隆康 NHK取材班
シルクロード第八巻
「コーランの世界 イラン・イラク」陳 舜臣・藤井秀夫 NHK取材班
シルクロード第九巻
「大草原をゆく ソビエトT」井上 靖・樋口隆康 NHK取材班
シルクロード第十巻
「アジア最深部 ソビエトU」井上 靖・加藤九祚 NHK取材班
シルクロード第十一巻
「騎馬・隊商の道 コーカサス・シリア・トルコ」江上波夫・陳 舜臣 NHK取材班
シルクロード第十二巻
「すべての道はローマに通ず イスタンブール・ギリシャ・イタリア」井上 靖 他 NHK取材班
地球の歩き方 「モンゴル」
株式会社ダイヤモンド・ビッグ社発行
地球の歩き方 「シルクロード・中央アジアの国々」
株式会社ダイヤモンド・ビッグ社発行
地球の歩き方 「西安・敦煌・ウルムチ」
株式会社ダイヤモンド・ビッグ社発行
井上靖著
楼蘭○(新潮文庫)
井上靖著
敦煌○(新潮文庫)
井上靖著
遺跡の旅・シルクロード○(新潮文庫)
陳舜臣著
「敦煌のうた」 徳間文庫○
陳舜臣著
「小説マルコポーロ 中国冒険譚」文春文庫○
陳舜臣著
「シルクロードの旅」 平凡社 ☆単行本○
陳舜臣著
「敦煌の旅」 平凡社 ☆単行本○
陳舜臣著
「シルクロードの旅」 たちばな出版
陳舜臣著
「パミールを越えて」 たちばな出版
陳舜臣著
「世界の都市の物語 イスタンブール」文藝春秋 ☆単行本○
陳舜臣著
西域余聞 たちばな出版
陳舜臣著
シルクロード悠々 文芸社
町田隆吉著
シルクロードの謎 光文社文庫○
赤松明彦著
桜蘭王国 中公新書○
金子民雄著
西域探検の世紀 岩波書店
岩村忍著
シルクロード NHKブックス○
大谷探検隊著
シルクロード探検 長澤 和俊 編 白水社
河口慧海著
チベット旅行記 白水社
深田久弥著
中央アジア探検史 白水社
スヴェン・ヘディン著
シルクロード(上・下)福田 宏年訳 岩波文庫○
スヴェン・ヘディン著
さまよえる湖(上・下)福田 宏年訳 岩波文庫○
スヴェン・ヘディン 著
馬仲英の逃亡 小野 忍 訳 中央公論新社
スヴェン・ヘディン 著
探検家としてのわが生涯 新装 山口 四郎 訳 白水社
スヴェン・ヘディン 著
西蔵探検記 高山 洋吉 訳 慧文社
スヴェン・ヘディン 著
チベット遠征 改版 金子 民雄 訳 中央公論新社
スタイン著
中央アジア踏査記 沢崎 順之助 訳 白水社
ランスデル著
西トルキスタンへの旅 (上・下) 白水社
コズロフ著
蒙古と青海 西 義之 訳 白水社
ラティモア著
西域への砂漠の道 谷口 陸男 訳 白水社
プルジェワルスキー著
黄河源流からロプ湖へ 加藤 九祚 訳 中野 好之 訳 白水社
ヤングハズバンド著
カラコラムを越えて 石 一郎 訳 白水社
アトキンソン著
ユーラシア横断紀行 白水社
ボンヴァロ著
内陸アジア縦断 白水社
ローヌ著
シナ奥地を行く 白水社
ル・フェーブル著
中央アジア自動車横断 白水社
フレミング著
ダッタン通信 白水社
スミグノフ著
コンロン紀行 白水社