【宗教関連書籍】

司馬さんは、戦後まもなく某新聞社に勤務するようになり、取材で足しげく京都を歩き回っています。 その時の経験が後の作品に多くの影響を与えているようです。例えば、「空海の風景」 時代の混乱期に生まれ育った司馬さん、彼は、宗教にどんな姿を見たのでしょう、、、

【宗教関連書籍】

☆私が既に読んだ作品は、□マークで表示しています。只今、整理中
☆私が読んでいない作品、又は、読み返している作品は、■で表示しています。
☆私が、所蔵している本は○で表示しています。
■仏教の思想 (角川文庫ソフィア) <全12巻>

●〈1〉知恵と慈悲「ブッダ」―仏教の思想
●〈2〉存在の分析「アビダルマ」―仏教の思想
●〈3〉空の論理「中観」―仏教の思想
●〈4〉認識と超越「唯識」―仏教の思想
●〈5〉絶対の真理「天台」―仏教の思想
●〈6〉無限の世界観「華厳」―仏教の思想
●〈7〉無の探求「中国禅」―仏教の思想
●〈8〉不安と欣求「中国浄土」―仏教の思想
●〈9〉生命の海「空海」―仏教の思想
●〈10〉絶望と歓喜「親鸞」―仏教の思想
●〈11〉古仏のまねび「道元」―仏教の思想
●〈12〉永遠のいのち「日蓮」―仏教の思想




□日本の庶民仏教 五来 重(ごらい しげる)著 角川選書○

□日本仏教史入門 田村 芳朗著 角川選書○

■仏教(上・下)ベック著 渡辺 照宏・渡辺 重朗訳 岩波新書○


□新編 東洋的な見方 鈴木 大拙著 上田 閑照編 岩波文庫○

□歎異抄 金子 大栄校注 岩波新書○

□明恵上人伝記 平泉 洸 全訳注 講談社 学術文庫○

□臨済録 入矢 義高訳注 岩波文庫○

□一遍聖絵 聖 戒編 大橋 俊雄校注 岩波文庫○

□仏像の誕生 高田 修著 岩波新書○

□日本の仏教 渡辺 照宏著 岩波新書○

□仏教 渡辺 照宏著 岩波新書○

□お経の話 渡辺照宏著 岩波新書○

■仏像を知る 水谷 幸正著 浄土選書22 浄土宗出版○

□法然(十五の闇 上・下) 梅原猛 著 角川ソフィア文庫○

■良寛 水上勉 著 中央公論社○

【宗教関連書籍 経典訳注】

■ブッダのことば スッタニパータ 中村 元訳 岩波文庫○

■ブッダノ真理のことば・感興のことば 中村 元訳 岩波文庫○

■神々との対話 サンユッタ・ニカーヤT 中村 元訳 岩波文庫○

■悪魔との対話 サンユッタ・ニカーヤU 中村 元訳 岩波文庫○

■仏弟子の告白 テーラガータ 中村 元訳 岩波文庫○

■ブッダ最後の旅 大パリニッバーナ経 中村 元訳 岩波文庫○

■般若心経・金剛般若経 中村 元・紀野一義訳注 岩波文庫○

□般若心経講義 高神 覚昇著 角川文庫○

□親鸞和讃集 名畑 慶順校注 角川文庫○

■親鸞 仏教無我伝承の実現 二葉憲香著 永田文昌堂○

■教行信証 親鸞著 金子 大栄校訂 岩波文庫○

■正法眼蔵随聞記 道元著 山崎正一訳校注 現代語訳 講談社文庫○

■選択本願念仏集(法然の教え) 法然著 阿満利麿訳解説 角川ソフィア文庫○

■法華経(上・) 坂本幸男・岩本 裕 訳注 ワイド版 岩波文庫○



■図解「仏像のすべて」PHP研究社○






【キリスト教】
□聖書○

□新約聖書○





【イスラム教】

■コーラン(上・中・下) 井筒 俊彦訳 岩波文庫○



【私の中の日本〜小さな記録〜JN3IWE】

■1954年(昭和29年)0歳 午(うま)→鹿児島

1954年 - Wikipedia

■1955年(昭和30年)未(ひつじ)→熊本

1955年 - Wikipedia

■1956年(昭和31年)申(さる)

1956年 - Wikipedia

■1957年(昭和32年)酉(とり)

1957年 - Wikipedia

■1958年(昭和33年)戌(いぬ)

1958年 - Wikipedia

■1959年(昭和34年)5歳 亥(い)→妹

1959年 - Wikipedia

■1960年(昭和35年)子(ね)

1960年 - Wikipedia

■1961年(昭和36年)丑(うし)

1961年 - Wikipedia

■1962年(昭和37年)寅(とら)

1962年 - Wikipedia

■1963年(昭和38年)卯(う)

1963年 - Wikipedia

■1964年(昭和39年)10歳 辰(たつ)

1964年 - Wikipedia

■1965年(昭和40年)巳(み)

1965年 - Wikipedia

■1966年(昭和41年)午(うま)

1966年 - Wikipedia

■1967年(昭和42年)未(ひつじ)

1967年 - Wikipedia

■1968年(昭和43年)申(さる)

1968年 - Wikipedia

■1969年(昭和44年)15歳 酉(とり)

1969年 - Wikipedia

■1970年(昭和45年)戌(いぬ)

1970年 - Wikipedia

■1971年(昭和46年)亥(い)

1971年 - Wikipedia

■1972年(昭和47年)子(ね)

1972年 - Wikipedia

■1973年(昭和48年)丑(うし)→京都

1973年 - Wikipedia

■1974年(昭和49年)20歳 寅(とら)

1974年 - Wikipedia

■1975年(昭和50年)卯(う)

1975年 - Wikipedia

■1976年(昭和51年)辰(たつ)

1976年 - Wikipedia

■1977年(昭和52年)巳(み)

1977年 - Wikipedia

■1978年(昭和53年)午(うま)

1978年 - Wikipedia

■1979年(昭和54年)25歳 未(ひつじ)→京都

1979年 - Wikipedia

■1980年(昭和55年)申(さる)

1980年 - Wikipedia

■1981年(昭和56年)酉(とり)→舞鶴

1981年 - Wikipedia

■1982年(昭和57年)戌(いぬ)→長女

1982年 - Wikipedia

■1983年(昭和58年)亥(い)

1983年 - Wikipedia

■1984年(昭和59年)30歳 子(ね)→京都

1984年 - Wikipedia

■1985年(昭和60年)丑(うし)→父

1985年 - Wikipedia

■1986年(昭和61年)寅(とら)→京都 次女

1986年 - Wikipedia

■1987年(昭和62年)卯(う)

1987年 - Wikipedia

■1988年(昭和63年)辰(たつ)

1988年 - Wikipedia

■1989年(昭和64年)(平成元年)35歳 巳(み)

1989年 - Wikipedia

■1990年(平成2年)午(うま)

1990年 - Wikipedia

■1991年(平成3年)未(ひつじ)→長男

1991年 - Wikipedia

■1992年(平成4年)申(さる)

1992年 - Wikipedia

■1993年(平成5年)酉(とり)→京都

1993年 - Wikipedia

■1994年(平成6年)40歳 戌(いぬ)

1994年 - Wikipedia

■1995年(平成7年)亥(い)

1995年 - Wikipedia

■1996年(平成8年)子(ね)

1996年 - Wikipedia

※司馬遼太郎氏 死去

■1997年(平成9年)丑(うし)

1997年 - Wikipedia

■1998年(平成10年)寅(とら)

1998年 - Wikipedia

■1999年(平成11年)45歳 卯(う)

1999年 - Wikipedia

■2000年(平成12年)辰(たつ)

2000年 - Wikipedia

■2001年(平成13年)巳(み)

2001年 - Wikipedia

■2002年(平成14年)午(うま)→京都

2002年 - Wikipedia

■2003年(平成15年)未(ひつじ)

2003年 - Wikipedia

■2004年(平成16年)50歳 申(さる)

2004年 - Wikipedia

■2005年(平成17年)酉(とり)

2005年 - Wikipedia

■2006年(平成18年)戌(いぬ)

2006年 - Wikipedia

■2007年(平成19年)亥(い)

2007年 - Wikipedia

■2008年(平成20年)子(ね)

2008年 - Wikipedia

■2009年(平成21年)55歳 丑(うし)

2009年 - Wikipedia

■2010年(平成22年)寅(とら)

2010年 - Wikipedia

■2011年(平成23年)卯(う)

2011年 - Wikipedia

■2012年(平成24年)辰(たつ)

2012年 - Wikipedia

■2013年(平成25年)巳(み)

■2014年(平成26年)60歳 午(うま)

■2015年(平成27年)未(ひつじ)

■2016年(平成28年)申(さる)

■2017年(平成29年)酉(とり)

■2018年(平成30年)戌(いぬ)

■2019年(平成31年)65歳 亥(い)

■2020年(平成32年)子(ね)

日めくりカレンダー.com



子(ね)
丑(うし)
寅(とら)
卯(う)
辰(たつ)
巳(み)
午(うま)
未(ひつじ)
申(さる)
酉(とり)
戌(いぬ)
亥(い)