学校概要

     

 

教 育 目 標
「明るく・強く・美しく」生きぬく人間づくり
児童生徒の自立と社会参加を目指した生きる力の育成
〈小学部〉 (低学年)
  • 生活リズムを整え、元気に登校できるようになる。
  • 学校生活に慣れ、楽しく過ごせるようになる。
  • 教員の支援を受けながら、できることを増やす。
〈小学部〉 (高学年)  
  • 教員や友だちとの人間関係を広げ、コミュニケーション能力を高める。
  • 主体的に取り組める力をつける。
  • 宿泊学習や修学旅行などの学習や経験を積み重ねて、中学部につながる力をつける。
〈中学部〉
  • 感覚・認知の確かな育成と基礎学力の充実、健康の維持増進を目指す。
  • いつでも、どこでも、誰とでも、持てる力を十分に発揮できることを目指す。
  • 人との関わりづくりに努め、地域での豊かな生活を目指す。
  • 小学部で経験し積み重ねた力を、個々の実態に合わせた分野において伸ばし、高等部へ繋がる力を養う。
〈高等部〉 (肢体不自由教育部門)
  • 自己選択および自己決定をし、その意思を伝える力を養う。
  • 自己および社会の一員としての役割を理解し、自立と社会参加への意欲を高める。
  • 卒業後の生活をより豊かにするための「実践力」を養う。
〈高等部〉 (病弱教育部門)
  • 個々の実態に応じて目標を設定し、自主的に活動できる力を養わせる。
  • 卒業後の自立や社会参加に向け、基礎学力の充実を図る。
  • 保護者・医療機関 (主治医等) ・関係機関と連携し、心身の健康状態の維持・改善を目指す。
〈訪問教育〉
  • 個々の健康状態に応じた、生活リズムの安定と健康を保持できる力をつける。
  • 身体を意識して、身体を動かそうとする力の向上を目指す。
  • いろいろな感覚刺激や体験を通して、周囲の変化への適応力をつける。
  • 各学部学年に準じた基礎的な力を伸ばす。
  • 人からのかかわりに気持ちを向け、人とのやりとりを楽しみ、社会につながっていく主体的な力を育む。
  • 生活年齢を踏まえて、児童生徒の実態に応じた学習活動を行う中で基礎的な力をつける。
  • 学校行事や修学旅行、宿泊学習、スクーリング、写真交流を通して通学の児童生徒との交流を図る。