手作り補聴器カバーいろいろな手作りカバー

補聴器を汗から守るために、本校幼稚部のお母さんが考え出された手作り補聴器カバーを紹介します。

(いちいちカバーを外さなくても、電池の入れ替えやスイッチのオン・オフができる、とても便利なカバーです。)

必要なもの

     レース針8号(使いたい糸によって変わってきます。糸のパッケージにかぎ針又はレース針の大きさを示しています。)

     レース糸 コットン100% #40(百円均一のお店にもあります)

     ボタン代わりのビーズ

糸が太くなれば針も太くなり、仕上がりも早くなります。でも、見た目が暑苦しく厚みのある感じに仕上がります。初心者には、かぎ針2/0号くらいが始めやすいです。

 

カバーがついている様子です。   カバーを外すときはボタン代わりのビーズに引っかかっている輪を外します。

 

本校幼稚部のお母さんたち手作りの、かわいいカラフルな補聴器カバーです。

作り方については聴能部発行『音聞こえのノート No.270 2007.7.6』をご覧ください。