地域づくり団体ツチノコ共和国

ツチノコ共和国行政機構・選挙権

ツチ国王とノコ女王

内閣

爽里(そうり)大臣・抱夢(ほうむ)大臣・大喰(おおくら)大臣・運遊(うんゆ)大臣・野林(のうりん)大臣・見説(けんせつ)大臣・遊勢(ゆうせい)大臣・老働(ろうどう)大臣・外夢(がいむ)大臣・奮歌(ぶんか)庁長官・輪野(りんや)庁長官・食猟(しょくりょう)庁長官・歓冒(かんぼう)長官・爽夢(そうむ)長官・希画(きかく)庁長官・自然(しげん)エネルギー庁長官

  • 祭昂(さいこう)顧問
  • 愚人(ぐじん)会議
  • 国会: 国会議長
  • 政党 :ダム半党・星(ほしゅ)党

開設中の大使館、領事館

サンゆ大使館・奈良領事館・平群領事館・茨木領事館・相楽領事館・守山領事舘・東大阪領事館・枚方領事館・灘 領事館・中京領事館・知立領事館・日本青年領事館・深谷領事館・羽島領事館・香芝領事館・船橋領事館・札幌領事館・苫小牧領事館・帯広領事館・網走領事館

年税1000円の使途

自主財源として、国民のみなさまへの事務費・通信費、ミニ独立国国際連合への分担金、王宮維持費やイベント開催時の赤字補填、ミニ独立国サミット参加旅費の補助に使わせていただいております。なを、ツチノコ共和国には消費税や介護保険はありません。

現在の国民数

ツチノコ共和国は建国以来,2000名にパスポ−トを発行しましたが、国税年額1000円の滞納により国籍剥奪があり、現在では約350名強の皆様に日本国との2ヵ国籍(国籍登録)を取得いただいております。なを国税の滞納により国籍を剥奪されても、国税の納入があった時点で、国籍の回復ができます。

領事になりませんか

領事は、希望する国民に委嘱し、大使は50名以上の国民を勧誘した領事が昇格します。ツチノコ共和国
の国家財政が、貧弱で利権の入りこむ余地がないということで領事・大使を引き受けいただきました皆様にはまったくのボランテアをお願いしております。領事・大使の皆様は、私どものツチノコ共和国(下北山村)への亡命(国民)希望者をご紹介いただくとともに、ミニ独立国サミットに私どもと一緒に参加をいただき、ツチノコ共和国の存在を広く世に知らしめるお手伝いや、ツチノコ共和国の国家運営について私どもへ色々ご意見をお聞かせいただいております。また、領事や大使の皆様には、領事館・大使館の看板をお贈りします。看板は、国家崩壊時には「まないた」としてお使いいただけます。お申し出いただけば喜んで領事をお引き受けいただきます。

国勢要覧

位置
東経135度57分29秒 北緯34度00分05.6秒(全都道府県市町村緯度経度データーベースhttp://bre.soc.i.kyo-u.ac.jp/~arai/jitins10/jitiNS10.csv)による。
面積 13,588ヘクタール
国内定住人口
平成19年(2007年)6月1日現在1297人(男608人、女689人)
世帯数 658戸
出稼ぎ人口(パスポート所持者) 約350人